必読記事
自分にとって本当に重要なことが分かる本『エッセンシャル思考』【今年一番のオススメ】

こんばんは。きーぼです。(@protein_onakeen

本日は『エッセンシャル思考』という本がめちゃめちゃ良かったので紹介します。

(購入はこちら⇨『エッセンシャル思考』

エッセンシャル思考はどんな本か

【一言要約】

99%の無駄を捨て、1%の本質に「全集中」する方法を説いた本。

闇雲に「全部頑張る」ではなく、自分の持っている労働力や資産をどこに集中投下すべきか精査し、準備した上で「これだ!」と決めたことに対して集中することの重要性を様々な事例を元に解説してくれています。

この本を読むと、仕事や勉強の仕方がガラッと変わります。

特に仕事や勉強が上手くいっていないときに読むと、目から鱗の情報や知見が詰まっています。

エッセンシャル思考とは取捨選択

闇雲に全部頑張る⇨「非エッセンシャル思考」

これだけ頑張る⇨「エッセンシャル思考」

これだけの「これ」を精査することに時間を使う

「これ」の精査の方法についても詳しく解説

この本で得られる考え方

語弊はありますが、「いかにサボるか」を考え抜く方法を教えてくれます。

これは無駄なことに全力投球し、本来、自身のリソースを集中投下しなくてはいけない時にリソースが残っていないよりもよっぽどマシです。

仕事をしている際は「力の入れ時」を意識しましょう。

別に自分がしなくても良いことは、他の人にどんどん振ることも重要です。

あなたがその会社で本当にしなくてはいけないコア業務に集中するのです。

(集中して成果あげられなかったらそれがあなたの実力です。笑)

エッセンシャル思考から得られる考え方

「いかにサボるか」を考え抜く方法

「いかに全てをこなすか」ではなく、「いかにすることを減らすか」にフォーカスを当てる癖が付く

業務時間を減らし、成果を上げる

今回紹介した『エッセンシャル思考』は僕の仕事の取り組み方を根本から覆しました。

その結果、1年前までの月の残業時間が平均40時間だったのに対し、現在は平均10時間程度にまで減らすことが出来ました。(成果は前年比120%)

本書のテーマである「より少なく、しかしより良く」を体現できました。

心に残ったフレーズリスト

ここからは、本書の中で僕が感銘を受けたフレーズを抜粋して紹介していきます。

内容は是非購入して読んでみてください。

「教えて下さい、あなたは何をするのですか?激しくかけがえのない一度きりの人生で」

「もしもたった一つのことしかできないとしたら、自分は今、何をやるのか?」

「選択とは行動なのだ。与えられるものではなく掴み取るものだ」

努力は同価値ではない

⇨「ある種の努力は、他の努力よりも効果が大きい」

時間と成果の関係

⇨「この仕事で、最も価値のある成果は何か?」

努力は大切だが、努力の量が成果に比例するとは限らない

⇨「より少なく、しかしより良く」

非エッセンシャル思考の人は大多数の物事を重要だと考える

エッセンシャル思考の人は大多数の物事が不要だと考える

トレードオフ

「何かを選ぶことは何かを捨てること」

睡眠不足は、自分自身という資産を毀損し、優先順位をつける判断力を低下させる

「絶対にYESと言い切れないなら、それはすなわちNOである」

「我々に必要なのはもっとゆっくりYESを言い、もっと素早くNOを言うことだ」

境界線を引くことで余裕が生まれ、本当の力が発揮できる

「後悔しない人生とは、自身で選択した人生だ」

「本当に重要なのは何か?」

『エッセンシャル思考』より

読書はビジネスのベースである思考力を高める

僕は今年、思考力を高められそうな本を片っ端から買い漁っています。

会社で働くにしろ、何かを新しく勉強するにしろ、ブログを書くにしろ、ベースとなる脳のスペックが高ければ高いほど、インプット・アウトプットの効率・質が高まると考えているからです。

※脳のスペックを決定づけるのは思考力です。(独断と偏見)

ダイエットにおいて基礎代謝が鍵となるのと同じように、資本主義経済の中では思考力が重要であると考えています。

『エッセンシャル思考』はこれまで僕が読んだ本の中で最も考え方や価値観が変わった本でした。

本書で書かれていることを行動に移すことで、平日でもブログを書く時間が生まれました。

仕事では労働時間は短くなるし、成果は上がるしで良いことだらけです。

何事も土台作りが重要

基礎代謝を高めるためには筋トレ

思考力を高めるためには読書

『エッセンシャル思考』

著者:グレッグ・マキューン

訳者:高橋璃子

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事