必読記事
童貞こそナンパすべき!ナンパ成功への完全ロードマップ【童貞必見】

こんばんは。きーぼです。(@protein_onakeen

突然ですが、童貞はナンパすべきでないと思っていませんか?

世の中の風潮では、童貞にはナンパは「ハードルが高い」と言われます。

しかし本当は童貞こそ、ナンパすべきなのです。

童貞こそナンパすべき理由と、童貞のナンパ攻略法について解説していきます。

こんな方におすすめ

異性との出会いがない

女性にモテない

未だ童貞である

セカンド童貞である

童貞こそナンパすべき

僕は現在、ただのオナ禁アラサー会社員なのですが、学生時代から合わせると1000人以上の女性に声掛けを行なっている素人ナンパ野郎です。

僕がナンパするようになったキッカケは、大学への進学でした。

僕は大学入学当時、女性と話すのは緊張するし、目を合わせることも苦手な典型的な童貞でした。

(今も目を合わせるのはどちらかといえば苦手)

進学した大学ではサッカー部に所属していました。

サッカー部の飲み会では先輩命令で、後輩がナンパをして女の子を捕まえなければならないという謎の風習がありました。

これが僕の童貞ナンパ人生のスタートです。

結果的に、童貞の状態からナンパをしていたことで女性との出会いも爆増し、童貞卒業も早まりました。

童貞はそもそも女性との接触回数が少ない

女性と出会う機会

①学校、職場

②合コン

③ナンパ(ナンパの種類についてはこちら

④マッチングアプリ

童貞の皆さんはなぜ、今も童貞なのでしょうか?

それは、積極的に女性との接触を図っていないからです。

なんにもしないから、童貞なのです。

どこかで、こんな甘い考えを持っていませんか?

ありのままの自分を好きになってくれる人が現れて、相手から言い寄って来てくれる

そんな夢みたいな話、基本的には起こりません。

そんなことが起こるのは超絶イケメンだけです。

大きく分けて、出会いのシチュエーションは上に挙げた4つです。

あなたは、そのうちの①の「学校、職場」というフィールドだけで戦ってるのです。

②の「合コン」を月に2回ほどコンスタントに開催する人脈があるのであれば、無理する必要は無いかもしれません。

ただ、漫然と合コンに参加しているだけであれば、童貞卒業の可能性は低いでしょう。

やはり、「人に合コンを開いてもらう」という受け身の状態よりも「自らナンパをし、SEXトライをする」という能動的姿勢の方が学びや成果は出ます。

また、そもそも合コンを開いてくれる友人に彼氏・彼女が出来たらあなたは女性と出会う機会を失います。

「魚の釣り方」を知らないと将来的に女性に関して困窮します。

とはいえ、合コンという出会いの手段は非常に有効です。

出会いのパターンの中核を成すと言っても過言ではありません。

うまく活用しましょう。

出会いのパターン応用

知り合いのツテで合コン(①⇨②)

ナンパした女性のツテで合コン(③⇨②)

マッチングアプリでであった女性のツテで合コン(④⇨②)

このように、女性との接触回数を増やすことは「理論上」簡単です。

こんなに簡単なことを行動に移せないのは、あなたの怠慢です。

一生シコって人生を終えたいですか???

ひねくれて言い訳ばかりする前に行動しましょう。

安心してください。僕も偉そうなことを言っていますが、一人でのナンパは出来ません。笑

童貞のナンパ攻略法はグループナンパだと断言出来ます。

童貞がナンパをするならグループナンパを攻略せよ

僕が童貞を卒業したのも、グループナンパで引っ掛けた女の子でした。

一人ナンパはかなり勇気がいるかと思います。

しかし、友人とのグループナンパであれば、失敗しても友人に笑われるだけです。

しかも声を掛けた女性とは、もうおそらく一生会うことはありません。

時には励まし合いながら、女性の獲得を目指しましょう!

グループナンパ概要

ナンパ前のチェックリスト

髪はセットしたか

清潔感のある服装をしているか

髭は剃ったか

成功するまで声をかけ続ける気持ちはあるか

今回はこの記事を見れば、グループナンパの仕方がすべてわかることをコンセプトにしています。

そのため、ここに書かれた以外の方法もありますが、一例として捉えてください。

グループナンパのルール

人数は2〜3名

ストナン(路上ナンパ)

すべての女性に声を掛ける

そのまま遊びに行ければ成功

連絡先の交換のみはほぼ失敗

声の掛け方

「飲みに行かない?」

「すみません、本当に可愛いと思って声を掛けてしまいました。良かったら飲みに行きませんか?」

「こんばんは!!!」

「(知り合いのテンションで)あっ、久しぶり!」

「おすすめの居酒屋ありませんか?もし良かったら一緒に行きませんか?」

「30秒だけ時間ください!」

など声の掛け方は何でも良いです。

声を掛けるという行為が重要。

グループでのストナン成功の秘訣はフォローにあり

グループナンパの特徴は、個人の力ではなくチームワークで女性グループを攻略していくところにあります。

ある女性グループが自分とは相性が良くなくても、相方が女性グループと相性が良い場合は相方中心に会話を進めます。逆もまた然りです。

例えば、2人でナンパをするときは同時に同じ女性グループに声がけすることは得策ではありません。

相手も身構えてしまうからです。

あらかじめ、どちらが声をかけるか決め、相方が声をかけたら様子を見守ります。

相手が少しでも取り合ってくれそうならば、空気を読みながら加勢します。

ただし、加勢の際は相方がせっかく作ってくれた空気感を壊さないことに注意しましょう。

文章にすると難しそうですが、女性の顔色をよく観察し、乗り気かどうかを判断するということです。

相手に少しでも迷いが見られた場合、望みはあるため、粘りましょう。

女性グループと相性が良い方が主体となり話を展開し、相手グループのキーマンを見極め、キーマンにアプローチを行いましょう。

グループナンパの鉄則

同時に女性グループに声を掛けない

相性が良いほうが主体となり話を展開する

相手方のキーマンを見極めアプローチ

グループナンパはチームスポーツ

ナンパではブスでも声を掛けるし、抱く

グループナンパ成功の秘訣はフォローにあるという偉そうな話をしましたが、結局大事なのはチャレンジ回数です。

チャレンジを妨げるものは恐怖心と言い訳です。

童貞にありがちな恐怖心と言い訳

美人すぎて声掛けられなかった(恐怖心)

ブスだから声掛けなかった(言い訳)

もう、童貞なら言い訳するのは止めましょう!

何度も言いますが、自分が童貞なのは他の誰の責任でもなく、あなたの責任です。

ナンパに出たら、「ブスだから声掛けなかった」なんて言うのは止めましょう。

それは声を掛けてナンパに成功してから考えることです。

「3億円当たったらどうしよう」って考えてる愚かな宝くじ購入者と同じですよ。

僕も童貞卒業は自分よりも体格が良いラガーマンみたいな女性でした。

正直結構ブスでしたし、年齢も名前も覚えていません。

でも、後悔はしていません。

童貞を卒業できたおかげで、その2週間後には可愛い彼女が出来ましたし、その彼女と別れてからも可愛い女の子とセックスが出来るようになりました。

それもこれも、童貞を卒業させてくれたラガーマンのおかげです。

ありがとう、ラガーマン。

という訳で、美人とのセックスにこだわっていると、いつまで経っても童貞卒業は不可能です。

スライム(ブス)を倒して自分のレベルを上げないと、キングスライム(美人)は倒せません。

ナンパとは一期一会の出会い

「ナンパで失敗しても一生会うことはない=ノーリスク」です。

裏を返せば、たとえめちゃめちゃタイプの女性がいても、声を掛けなければもう一生会うことは出来ないのです。

ナンパとは、男性目線でいうとノーリスクハイリターンの行為です。

自分のくだらないプライドと羞恥心を捨てて、ナンパしてみましょう!

声を掛けることからすべてが始まります。

何も怖いことはありません。

もしあなたが1組でも声を掛けられたら、昨日までのあなたとは別人です。

能動的に女性獲得に向けて、行動を起こした記念日です。

その記念日をもっとハッピーな日にすべく、そのまま声を掛け続けましょう。

別の記事でも言ってますが、ナンパで人生は変わります。

女性を絶対に傷つけない(童貞は注意)

ナンパにおいて絶対ルールは、女性を傷つけないことです。

僕たちは、ナンパによって女性の貴重な時間を奪おうとしています。

ほとんどの女性に断られたり無視されたりするでしょう。

そんななか話を聞いてくれた女性や、飲みに行ってくれた女性に対して、不快な思いをさせてはいけません。

これはきれいごとではありません。

僕たちが出来ることは、女性が僕たちに費やした時間が「無駄じゃなかったな」と思ってもらえるように、女性を楽しませることです。

そのご褒美が「セックス」という形で帰ってくるかもしれないだけです。

男性が女性を選ぶのではなく、女性が男性を選ぶというのが社会の掟です。

ナンパに失敗して暴言を吐くなど言語道断です。

特に童貞は照れ隠しから女性に悪態をついてしまいがちです。

誰も不快にならないようにナンパを楽しみましょうね。

本日のまとめ

童貞こそナンパすべき

童貞はグループナンパから始めよ

ナンパの成功はチャレンジ回数に左右される

ブスでもいいから童貞卒業しろ

ナンパの本質は女性を楽しませること

一期一会の出会いを逃すな

本日は以上!!!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事