必読記事
【転職】WEB面接を突破し内定を獲得する面接攻略法

こんばんは。きーぼです。(@protein_onakeen

本日は転職成功に欠かせない「面接」の攻略法についてお話しします。

2021年7月現在、世間はオリンピック間近ではありますが、コロナウイルスによる自粛生活を余儀なくされております。

主要都道府県では「蔓延防止等重点措置」に基づき、不要不急の外出が制限されています。

そんな中、転職活動をされる方々にとって「WEB面接」は一般的になっているのではないでしょうか。

僕が在籍している人材派遣会社でも、来社頂いて面接する対面形式は取っておらず、すべてWEB面接にしています。

WEB面接の注意点

・ネット環境

・部屋の明るさ

・オーバーリアクション

書いてみるとこんなもんです。

大したことないでしょ???

内定を獲得するために必要な転職面接の準備とは?

今日の記事では、「WEB面接」に特化した小手先のテクニックではなく、本質的な面接の攻略法について言及していきます。

面接に臨む際の基本姿勢

・職務経歴書でストーリーを語れるか

・退職(転職)理由→転職軸→志望動機→理想の将来像の流れに筋が通っているか

・結論ファーストで答えられるか

・論理的に話すことが出来るか

職務経歴書でストーリーを語れるか

まず職務経歴書の書き方については、motoさんの「転職と副業の掛け算」をお読みください。

この本が一番、何を書くべきなのかがわかりやすく書かれています。

簡単に説明すると、職務経歴書には淡々と数字で実績を記すようにしましょう。

長々と文章にする必要はないです。

例えば僕の場合だと、こんな感じです。

人材派遣の深耕営業及び新規拠点の立ち上げ(2019年〜2021年)

新規オフィスの立ち上げの責任者として〜に赴任。

初年度年間売上〇〇万円(名古屋の事業所と同程度の売上高)

次年度年間売上〇〇万円(昨対120%)

※関西営業部として7年ぶりのオフィスの立ち上げに成功。

※社内表彰会で優秀賞を受賞(全社員の1%が受賞)

一部抜粋ですが、経歴を数字ベースで記載しています。

キーワードとなる「新規拠点の立ち上げ」などは意識的に盛り込みますが、

具体的に何をしたのかは記載しません。

面接での「ツッコミポイント」にしたいからです。

職務経歴書は、数字ベースで記載し、ツッコミポイントとなるキーワードを要所要所で盛り込むようにしましょう。

そうすれば、面接官はツッコまざるを得ません。

来た質問に対して、簡潔に結論ファーストで答える準備をしましょう。

面接なんて、面接官の「粗探し」です。

あえて大きめの「粗」を見せておくことで、本当に聞かれてはマズイことをうまく隠すのもテクニックですね。

メディアが国民感情を操作するときの手段と同様です。笑

職務経歴書は「戦略的」に書くようにしましょう!

退職(転職)理由→転職軸→志望動機→将来像の流れに筋が通っているか

先ほども記載したとおり、面接というのは、面接官の「粗探し」です。

粗探しの方法は大きく分けて2つに分類されます。

面接官の粗探しの仕方

①質疑応答での矛盾

⇨職務経歴書と面接での受け答えでの相違

②大きな退職理由から将来像までの大きな流れに淀みがある

退職理由、転職軸、志望動機、将来像に関連性がない

①は職務経歴書をしっかり作り込めば対策は十分です。

②については、理想の将来像から逆算して退職理由まで落とし込みましょう。

面接が進んでいくに連れて重要になっていくのは②です。

例えば僕の場合はこんな感じです。

退職理由〜将来像までの一貫性

現職:人材派遣の営業

転職先:SaaSの営業

退職(転職)理由

製造業への人材提案をしていく中で、工場の機械化、AIへの代替により、どうしても「人」の提案が最善策ではないと感じることが多くなってきた。最善の提案が出来ないことに対して歯がゆさを覚えた為。

転職軸

世の中にある課題を根本から解決することが出来る仕組みやサービス、システムを持つ会社で、自分がある程度裁量を持って営業すること。

志望動機

〇〇社は医療・介護領域の業界課題に対して根本から改善していくことが出来る会社だと確信出来た。

その中で「△△」というサービスは、クライアントに合わせて提案を行う必要がある為、裁量を持って営業を行うことが出来る。

将来像

35歳までには、提案型の営業や新規事業の立ち上げを経験した上でマネジメントを行いたい。

会社の成長には部下の成長は必要不可欠。

部下を育てるためには自分自身が多くの経験をし、引き出しを増やしておく必要がある。

部下を巻き込み、より社会に対するインパクトを高める。

いかがでしょうか?

将来像はこじつけだとバレてしまいましたか?笑

偉そうに言いながら、僕も将来像なんてありません。

あるのは金と女と時間の自由が欲しいということだけです。笑

一応自分の意見をまとめると、「自分の影響力を高めたい」という自己中心的な考えが根底にあります。笑

物は言いようですね!

面接は一貫性が大事

退職理由

労働力の提案という表面的な問題解決しか出来ないこと

提案の幅は「人」が出来ることに限られていること

転職軸

根本的な問題解決

営業に裁量があること(提案の幅があること)

志望動機

業界課題の根本的解決ができる企業であること

課題解決型の営業なので、提案の幅がある

将来像

人材の育成とマネジメント

様々な経験をした上でカルピスの原液となり、部下も巻き込み社会に対するインパクトを高める。(自分の影響力を高めたい)

結論ファーストで答えられるか

結論ファーストで話をすることの重要性は、皆さんご存知の通りです。

それでもなかなか普段意識することの出来ない人は転職の面接を受けてみることをおすすめします。

いつも一次面接で落ちてしまうような人は、結論ファーストが出来ていないことを疑うべきです。

結論ファーストが出来ない人は、正確に質問に対する回答ができないことが多いです。

Q.なぜお腹が空いたのですか?

A.今日は朝から会議があって、その会議が長引いて休み時間を取れず、直接クライアントに訪問することになったんですよ。

これ、質問した方はストレス溜まります。

そもそも人は他人の話に対して興味がないので、自分の期待する回答がなければ良い印象は持たれません。

普段の仕事の報連相や、会議での発言、プレゼンテーション、商談の場で結論ファーストが出来ないだけで周りから馬鹿だと思われてしまいます。

上司によく、「つまりどういうこと?」「日本語話して?」「質問に答えろ」みたいなことを言われたり、途中で話を遮られる人は、相手が冷たいのではなく、自分が結論ファーストを意識出来ていないのです。

結論ファーストについてはこちらの記事で詳しく書いているので、ぜひご一読ください。

論理的に話すことが出来るか

「論理的に話すこと」を言い換えると、「矛盾がないこと」です。

あらかじめ想定問答集を作ることになると思いますが、そこから外れた質問が来たときに矛盾が生じるかもしれません。

そして面接官の質問に対して結論から答えることが出来ても、矛盾(ツッコミどころ)があると水を得た魚のように面接官が食いついてきます。

ただ、そこで慌ててはいけません。

どんなに綿密に準備したスクリプトでも、必ず抜け漏れはあるでしょう。

矛盾を指摘されたときにこそ、さらなる矛盾を生まぬよう最新の注意を払い「結論ファースト」で再度返答しましょう。

面接官は、慌てたときの振る舞いや思考力を見極めようとしています。

【おまけ】最低限確認しておきたい質問集

・転職(退職)検討理由

・転職先の選定基準は?

・今受けている会社は?

・全企業から内定をもらえたらどこの会社に入社する?そしてその理由は?

・志望動機(なぜその業界か、そのなかでなぜその会社なのか)

・現職で出した成果は?そしてそれは何を意識したのか

・現職で苦労した経験は?そしてそれをどのように乗り越えたのか

・自分の長所、短所は?

・5年後どうなっていたいか

・マネジメントを行う上で意識していたことは?一番苦労したことは?

すべて矛盾なく、結論から先に答えるだけでもかなり印象が良くなります。

僕が受けた企業は、最終面接以外すべてWEB面接でした。

最終面接は東京まで行ったのですが、そのときに意識したことは以下のとおりです。

最終面接で意識したこと

・スーツをクリーニングすること

・髪を切って爽やかに見せること

・爪はきちんと切る

・堂々と話すこと

・結論から話すこと

・論理的に話すこと(矛盾なく、一貫性を持たせる)

・時計は迷ったので着けなかった

スーツはダークネイビー、ネクタイは青、シャツは白、ベルトは黒、靴は茶色というバラバラファッションでしたが、特に問題ありませんでした。

時計は何をつけるべきか迷った挙げ句、外して面接に臨みました。

あと、髪の毛は面接の前日にカットに行きました。

今の御時世的にマスクを付けて面接に臨むので、ちょっと髪が伸びているとマスクの紐で、もみあげが暴れてしまうのです。

そのため、直前にしっかりとツーブロックにしました。

髪の毛の手入れは、意外と重要でした。

以上、WEB面接でも対面面接でも、本質的なところは同じです。

結論から話す

論理的に話す

退職理由〜将来像までの一貫性

この3つができていたらOKです!

コロナ禍でも、しっかりと対策できれば、ステップアップ転職は可能です!

この記事が読んでいただいた皆さんの転職に少しでもお役立ちできれば幸いです。

本日は以上!!!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事